「揺(ゆらぎ)」

raison d'etre

15の時に死んだ父の若い頃のノートに

それだけが書いてあった

存在自由

存在自由

それを書いた父はもういない

 

土と指のあいだ 粘土がこすれてゆく

かたちが変わってゆく

 

なにかとなにかが関わるとき それは動く

もの ひと しぜん 抱える感情

そよぐ風

 

その動きの一瞬の揺らぎ

そこにのみ私たちは存在する

 

その連続に私たちは生きている

 

清水知子作・ギャラリー悠玄にての

「Message2015おしゃべりなアート展」出展作品