愛護ギャラリー展・絵画部門金賞作品です。

「小鳥の詩」


みえこさんの作品です。

ペンを使って、一羽一羽ていねいに描きました。

パステルとペンで、うすく彩色しました。


生徒さんの何人かはそうなのですが

みえこさんの描いている時の集中力は

うらやましいほどで

近くで話しかけてもたいていは聞こえていません

作業が終わると、ふうっ と息をつきます。

そこではじめて とりまく周りが目に入ります。